Q&A

歯科全般について

Q1.レントゲン撮影の放射線の影響が心配なのですが…

レントゲンの影響で浴びる放射線量は、日常生活をしている時に浴びている量よりかなり少なくなっています。また、当院ではできるだけ皆様の負担を軽減するため、さらに従来の1/10という放射線量のデジタルレントゲンを使用しています。

Q2.治療に回数がかかるのはなぜですか?

むし歯の大きさが小さければ1~2回で詰めて終われることが多いと思います。むし歯が大きく神経まで感染していたりすると、神経をとり、根の中を掃除する必要が出てくるので、回数が必要になってきます。したがって早めの受診をお勧めします。

Q3.車椅子でも来院は可能ですか?

当院では、スロープを完備しておりますので気にすることなく来院可能です。お気軽にお声がけください。

Q4.麻酔注射は痛いですか?

当院では、針をさすときの痛みを軽減するため、始めに針のない麻酔器を使用しています。また、麻酔液の温度を体温近くに暖めますので、痛みはかなり緩和されていると思われます。

Q5.親知らずがあるのですが、抜いたほうが良いですか?

むし歯になったり、他の歯と異なる生え方が原因で痛みが出たり、歯ぐきが腫れたり、他の歯に悪い影響が出たりする場合は抜いたほうが良いでしょう。まっすぐ生えていたり、噛み合わせている歯がある場合は、もちろん抜く必要はありません。

Q6.治療した歯は、またむし歯になりますか?

詰め物や被せ物の中は自分の歯ですので、再びむし歯になる可能性はあります。また、治療から数年が経っているものほど、被せ物や詰め物との隙間が大きくなっていき、むし歯になりやすくなります。

歯周病について

Q1.歯周病とはどんな病気ですか?

歯ぐきの病気です。磨き残しや歯石が原因で歯ぐきの炎症が起こり、歯を支えている骨が溶けて最後には歯が抜けてしまう病気です。

Q2.どのようにして歯石はつくられるのですか?

磨き残しが長い間歯についたままになっていると、唾液中のカルシウムなどがこれにくっつき固い歯石になります。歯石の表面はデコボコしていてさらに歯垢がたまりやすくなり、放置すると歯石はさらに厚く硬くなっていきます。歯ブラシで取ることはできませんので、歯石除去が必要になります。

Q3.歯磨きの時、痛みはないのですが歯茎から出血します。治療したほうが良いですか?

いろんな理由が考えられますが、歯周病(歯槽膿漏)の可能性が高いと思われます。お早めにご来院ください。

Q4.たばこと歯周病の因果関係はあるのですか?

ニコチンは歯周病を進行させたり歯肉の治癒力を低下させてしまいます。できれば禁煙していただきたいのですが、どうしても禁煙できない場合は、日頃からお口の中の健康に気を配り、定期検診に来院していただくことをお勧めします。

Q5.最近口臭が気になるのですが…

舌や歯の磨き残しと歯が産生する成分が口臭の原因となっています。歯磨きの改善やむし歯、歯周病(歯槽膿漏)を治療すると、口臭は改善する可能性が高いと思います。

むし歯予防について

Q1.毎日の歯磨きだけではむし歯や歯周病は予防できないのですか?

丁寧に磨いても磨き残しは必ずあります。自分ではなかなか落とせない磨き残し(歯ぐきの深く入り込んだ磨き残し)・自分で取ることのできない汚れを取るためにも定期健診で来院していただくことが必要です。

Q2.定期健診はどれくらいで行ったら良いですか?

お口の状態のあまり良くない方は1ヶ月に1度、通常は3ヶ月に1度をお勧めします。

Q3.歯ブラシはどんなものを使えば良いですか?

お口の大きさ、歯並びにより個人差はありますので、来院の際に当院スタッフにお尋ねください。患者様にあった歯ブラシをお教えします。

小児治療について

Q1.子どもが歯医者に行きたがらないのですがどうしたら良いですか?

押さえつけるなどの強制的な治療はしません。無理やり治療するのではなく、お子さんの希望を尊重しつつ的確な処置を行っていきますので、是非一度、一緒にご来院ください。

Q2.何歳からフッ素塗布できますか?

子どもの歯でも大人の歯でも生えて間もないときは、フッ素の効果は高いので、歯が生えてきたらできるだけ早い時期から歯科医院でフッ素塗布をお勧めします。

Q3.子どもが注射を怖がります。治療は可能ですか?

当院では、注射を怖がるお子さんのために、針のない注射器を用意しております。

入れ歯・被せ物について

Q1.入れ歯のバネが見えてしまい、見栄えが悪いのですが何とかなりませんか?

部分入れ歯の場合、口の中で安定して噛めるようにするにはバネが必要です。しかし、前歯にバネがかかると見た目が悪くなってしまいます。これに満足できない患者様には、バネの代わりに特殊な装置を使って見栄えや安定感、噛みごたえを良くできる入れ歯もできますので、お気軽に当院のスタッフまでお尋ねください。

Q2.入れ歯でも固いものを気にせず食べたいのですが…

当院では、もっと噛めるような入れ歯が欲しいという要望を持った患者様にはコンフォート義歯を勧めております。コンフォート義歯を使っていただいている患者様からは「以前よりしっかりと噛めるようになりました」といった感想を多くいただいております。食べ物をすり潰せるような強い力が実現するので、固いものはもちろん、イカやステーキといった弾力性のあるものもしっかり噛めます。
※噛む力には個人差があります。

Q3.奥歯に白い歯を入れたいのですが…

保険治療では、奥歯の被せ物に使用できる材料には制限があり、白い被せ物をすることはできません。保険治療では、金属の被せ物になります。保険外診療ですと、当院では白い奥歯は3種類、ご予算に応じて準備しております。お気軽にスタッフまでお尋ねください。

お問い合わせ

ご不明な点などがございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

TEL / 0198-67-2010